ISOデータ(DVDイメージ)の作成方法2

ではISOデータの作成方法を具体的に説明します。

ADOBE Premire Pro CCのプロジェクトの左上のタグ「ファイル」→「書き出し」→「メディア」と選択します。

無題 3

これで、「書き出し設定」の画面が開きます。

前回の記事でMedia Encoder を使用すると書きましたが、Premire Proから開いた場合には、Media Encoderという表記はないようです。

無題 4

「書き出し設定」(右側)ですが、

形式:MPEG2-DVD

プリセット:今回はNTSC DV WIDE  Progressive ※以下の設定を変更したため表記は「カスタム」に変わる

出力名:  ※名称とともに保存先の選択をします

※90分以下の作品ならば最高画質に設定します

基本ビデオ設定 品質:100

ビデオレート設定

ビットレートエンコーディング:CBR

ビットレート:9

「最高レンダリング品質を適用」にチェック

あと忘れてはいけないのが「ソースのスケーリング」です。

上のキャプチャ画像、よく見ると画像表示されたウィンドウの左右に黒みがあります。これはFull HDとDV WIDEでは比率が少し違うために生じるものです。

無題 5

左上の「ソースのスケーリング」で「出力サイズ全体にストレッチ」を選択すると左右の黒みはなくなります。

さて、ここまでできたら、右下の「書き出し」を押して処理をしましょう。

次回は、いよいよISOデータの作成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です