フルフレームの4K動画対応!! ニコンD850

ニコンはライバルのキャノンに比べて宣伝がヘタなのではと、前々から感じておりましたが、今日、カメラ販売店でなにげなくカタログを手にとり、それが確信にかわり怒りすら覚えました。「しっかりしろ!宣伝部」と。

手に取ったカタログは9月8日に発売される「D850」。

ハイアマチュアやプロに使用されるD800の流れをくむカメラで、キャノンの5Dシリーズのライバルに位置します。

カタログをめくり、飛び込んできたのは「有効画素数4575万画素」という情報。私の場合、写真は趣味程度です。ポスターに使うような画質は必要ないので、ここはスルーです。

私が気になる動画の情報は36ページあるカタログの26ページ目にやっと登場しました。

見出しは「臨場感あふれる描写力。さらなる進化を遂げた動画性能。」。

新機種が出るたびに使いまわしができそうな、何かを言っているようで、何も言っていない見出し。今回も大した進化はないのかと、ページを閉じかけました。

しかし、その下の小見出しのなかに『フルフレームの4K動画対応』と。

「これを待っていたんですよ。ニコンさん。もっと大々的に広めましょうよ。」

「D500のときはもっと『4K対応』を売りにして、結果がっかりさせたじゃないですか。」

私は心の中で叫びました。

『フルフレームの4K動画対応』の何がすごいのか。

それはレンズの性能をあますことなく活かせるということです。

ライバルのキャノン5DMK4。こちらはどうやらクロップされるようなのです。カタログを見ても、その情報がどこにあるのかわからないのですが、レビューなどをみると1.74倍になるようなのです。

どういうことかというと、標準とされる50ミリが、1.74倍の87ミリの画角になってしまいます。これはまだいいほうです。

私が酷評するニコンD500。

APSCサイズのカメラなのですが、動画撮影時はさらに約1.5倍にクロップされます。

フルフレームの50ミリが、APSCの場合は約1.5倍になりますので、約75ミリ。

D500の4Kはさらに約1.5倍にトリミングされるため、約110ミリ。

全然、違う画角になってしまいます。

狭い室内の撮影で、わりと使う20ミリ程度のレンズ。これに至っては同じ画角を作れるレンズが発売されてさえいません。

また、一眼レフの特徴でもある深いぼけあし。これもフルフレームのほうがより表現できます。

こんなにすごいことなのに、おそらく先にソニーがフルフレーム4Kを発売しているからでしょう。なんとも控えめな宣伝です。

発売はまもなく。テレビCMなどで大々的に宣伝をし、ニコンを愛用する動画カメラマンの仲間が増えればいいなと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です