コノバ カメラスライダー K3 60 cm

カメラスライダー、スライダードリーなどとも呼ばれますが、三脚にのせて使用する特機で、簡単に移動撮影のような効果が出せます。

さて、このスライダーですが、Amazonなどで検索していただくとわかりますが、安いものから、そこそこの値段のものまで、たくさんあります。

私もいくつかのスライダーを試しましたが、一長一短があり、結果的に現在の「コノバ カメラスライダー K3 60 cm 」に至りました。

どこに着目して選んだのか、ポイントを紹介します。

・Point 1 ベアリングの有無。

ベアリングについての解説はしませんが、ベアリングがある方が、スムーズに動かすことができます。

ベアリング無しのスライダーも使ったことがありますが、スムーズに動かすのは難しかったです。

・Point 2 長さ

長い方が移動の幅が広く、より効果的な撮影ができるのですが、問題はたわむということです。

80cmぐらいまでは1つの三脚。それ以上は2つの三脚で支えた方がいいようです。

当然、2つの三脚というのは大掛かりになってしまいますので、80cm以下がオススメ。ただ、80cmでもカメラが重いとたわむことがあります。

・Point 3 モーターの有無

モーター付きだと、機械的に安定したスピードで撮影できます。

ただ、なれないと設定に時間がかかります。私はモーターはなくてもいいと判断しました。

以上のポイントから、ベアリリングありの60cmタイプ、そのなかで、レビューなどを見て、この機材を選びました。

上の写真は床置きの場合。ヘッドはマンフロットのMVH500AHを使用しています。

下の写真は三脚に取り付けた場合。私はたわみをより防止するため、雲台ではなく、釜に直接、スライダーを取り付けて使用しています。

数年使っていますが、いい感じですよ。


以下は今回紹介した機材です。

マンフロットのMVH500AHは後継機材も発売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です