JVC GY-LS300CH 購入

新しいビデオカメラ買いました!

JVC GY-LS300CHです。

知らない方も多いかもしれません。自分もこの存在を知ったのは、つい数週間前です。発売は2015年3月なので3年も前なのにです。

私はこれまで、企業VPなどでは一眼レフカメラ(ニコン D800など)を。

セミナーやイベント収録、CATVの取材ではビデオカメラ(panasonic HMC155)を使っていました。

しかし、どちらも、そろそろ替え時。とはいえ2台を変えるのは大変なので、両方の機能を合わせもつ1台にしたいと考えていました。

条件は以下の通り。

1 浅い被写界深度の映像表現ができるカメラ

2 レンズ交換式カメラ(所有しているレンズが活かせるとベスト)

3 ビデオカメラのような機動力があり、音声の同録が容易なカメラ

4 電動ズームが使えるカメラ

5 せっかくなので4K収録が可能。

6 log収録もできるといいな。

最初に候補に挙がったのは、SONY PXW-FS5K

ただ、レンズ付きで65万円以上します。

おそらくアクセサリーなども買うと70万円を軽く超えることに。

これなら、今まで通り、一眼とビデオカメラ、2台買った方が安くすみます。

次に思いついたのが、マイクロフォーサーズレンズが使えるPanasonic AG-AF105。

私はマイクロフォーサーズレンズをすでに数本所有しており、またアダプターもあるのでニコンのレンズも使えます。

ただ、このカメラはすでに販売終了。4K収録ができるこの後継機がでるのではと待っていたのですが。

発売されたのは、なぜかEFマウント(キャノンのマウント)のAU-EVA1。

期待は裏切られました。値段も発売まもないとはいえ、80万円と高すぎです。

あきらめかけたその時です。はたと気づきました。

自分はビデオカメラは、ソニーとパナソニックと決めつけて、他のメーカーを探していないことに。

そして、ホームビデオを含め、購入したことのないJVCを調べると、私の条件にぴったりのカメラがあるではないですか。

それも数年前に発売され、値段も手の届くところで落ち着いています。

それでも悩みました。一週間ほど。理由はJVCでいいのかという一点だけ。

「クライアントはJVCのカメラで納得いただけるのか」

いろいろ悩みましたが、これまでもビデオカメラは主流のソニーでなくパナソニック。一眼レフは主流のキャノンでなくニコンで押し通したのだから、大丈夫だろうと自分を納得させ購入にいたったわけです。

さっそく、今週末の撮影で使用する予定。結果については、後日、報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です