JVCの修理対応

JVC GY-LS300CH。

使い初めて1年半、週に1~2回の出動ですが、ついに故障してしまいました。

といっても、液晶モニターのヒンジ(ちょうつがい)が、ダメになってしまい、移動中も撮影中も勝手に開いたり閉じたり。撮影に影響があるわけではありませんが、イライラするので修理に出すことにしました。

購入した店舗に持って行っても良かったのですが、結局、店舗からメーカーに送り店舗に戻ってくるわけで、時間がかかる。

だったら、直接メーカーに送った方がいいだろうと思い、カスタマーサポートセンターに電話しました。

ここで、つながらず、長々と待たされる企業が多いですが、JVCはいつかけても割と繋がります。この日も30秒も待たずに繋がりました。

そして、修理の部署を紹介していただいたのですが、横浜にある拠点に持ってくるか、郵送して欲しいとのこと。

想定内の回答ではあったのですが、ダメ元で代替えがないか聞いてみました。

過去の話ですが、制作会社に勤務していた頃、あるメーカーの営業はカメラが壊れたというと、すぐに代替えを持ってきてくれました。しかし、フリーランスになると、「個人の方に、代替えのサービスは行っていません」と冷たく言われてしまいました。以来、そのメーカーのカメラはもちろん、家電もうちにはありません。

「代替えに出せるカメラがあるか調べます」と一度、電話をきりましたが、すぐに「代替えを出せる」と連絡してくれました。

こうして、代替えを郵送で受け取り、その箱に壊れたカメラを入れて発送。修理されたカメラを郵送で受け取り、代替えカメラを発送。という段取りで、カメラの不在なく修理ができました。

修理の金額はパーツが約2000円、技術料が約13000円、送料もこちら持ちなので、約18000円かかってしまいましたが、修理中に突然入った仕事を受けることができたので、よしとします。

サポートは、本当に大事だと思います。私は、大きな買い物をする前に、カスタマーサービスに電話して、くだらない質問をしてみたりしています。当然、商品に魅力がなければ購入にはいたりませんが、迷ったときの後押しにはなるのではないでしょうか。

購入時と同じ段ボールで届きました。いろいろなところを旅してきたことが伺えます。

代替えカメラ、ありがとう。助かりました!

ニコンD850発売

9月8日、ついにニコン期待の新作一眼レフカメラD850が発売になりました。

フルサイズ、トリミング無しの4K収録ということで、動画カメラマンも目が離せません。

価格.COMでも「売れ筋ランキング」「注目度ランキング」ともに1位、「満足度ランキング」も含めた三冠も夢ではありません。

こんなにも期待を集めるD850に触れてみたいと思い、さっそくカメラ店へ。

しかし、残念ながら実物はなく、入荷も未定とのことでした。

仕方がないので逐一、価格.COMのレビューを見て、期待に胸を膨らませたいと思います。

ちなみにニコンD810がお求め安い価格になってます。4K撮影の必要がないのなら購入のチャンスです。